京跡・宮跡

京跡・宮跡

飛鳥宮跡

奈良県高市郡明日香村にある飛鳥時代の宮跡。歴史・概略飛鳥宮(あすかのみや)跡は、6世紀末から7世紀末にかけて営まれた宮跡。その間、連続して使用...
寺社

金峯山寺(南朝行宮跡)

奈良県吉野郡吉野町にある金峯山修験本宗(修験道)の本山。京都を脱出した後醍醐天皇が南朝を開いた場所として知られる。 歴史・概略金峯山寺(きんぷせん...
京跡・宮跡

三条東殿遺址「平治の乱」勃発の地

平安時代から鎌倉時代にかけての藤原氏の邸宅、および皇族の御所跡。「平治の乱」が勃発するきっかけとなった戦闘が起こった地。歴史・概略平安時代中期...
京跡・宮跡

藤原宮跡

古代の都・藤原京の跡。なかでも都の中心的施設であった藤原宮があった場所。歴史・概略藤原京(ふじわらきょう)は、持統天皇8年(694年)から和銅...
京跡・宮跡

高陽院邸跡

平安時代から鎌倉時代にかけての藤原氏の邸宅、および御所跡。歴史・概略高陽院:かやのいん 平安時代初期、この場所には桓武天皇の皇子・賀陽親王...
京跡・宮跡

大炊御門万里小路殿址

平安時代から鎌倉時代にかけて使われた公卿の邸宅跡、および御所跡。歴史・概略平安時代中期、但馬守・源高房がこの場所で邸宅を営む。屋敷が大炊御門大...
邸宅・住居跡

花山院邸跡(京都御苑)

平安時代から明治に至るまで存在した藤原氏の邸宅跡、および御所跡。歴史・概略平安時代中期、清和天皇皇子・貞保親王(870年~924年)が邸宅を構...
京跡・宮跡

二條富小路内裏址(「建武の新政」の地)

京都にあった鎌倉時代の公家の邸宅跡、および内裏跡。歴史・概略鎌倉時代中期、藤原氏の一族である西園寺実氏(さいおんじ・さねうじ)が邸宅(冷泉富小...
京跡・宮跡

一条院跡

平安時代中期の邸宅跡、御所跡。歴史・概略一条院は大内裏北東に隣接した邸宅で、東西2町(今の堀川通あたりまで)を占めていた。この案内の東側に邸宅...
京跡・宮跡

鳥養院跡

平安時代前期の宇多天皇の離宮跡。歴史・概略宇多天皇(うだてんのう/867年~931年)は、一度皇籍を離れて源定省(みなもと・さだみ)と称したの...
京跡・宮跡

二条大路末北築地塀地業石

平安京の東・白河に残された平安時代後期のものとみられる築地塀跡。歴史・概略岡崎公園の駐車場建設における発掘調査で、平安時代後期の二条大路末の北...
京跡・宮跡

白河南殿跡

平安時代後期、白河上皇によって使用された院御所跡。歴史・概略白河天皇(しらかわてんのう)は平安時代後期の第72代天皇で、まだ幼い堀河天皇や鳥羽...
京跡・宮跡

平安京創始待賢御門跡

平安京大内裏の外郭に設けられた門のひとつ待賢門の跡。歴史・概略待賢門(たいけんもん)は平安京大内裏と外とを繋ぐ門のひとつである。大内裏とは天皇...
京跡・宮跡

持明院仙洞御所跡

平安時代から室町時代にかけて藤原氏の邸宅、および天皇退位後の御所として使われた屋敷跡。歴史・概略持明院(じみょういん)は平安時代後期、陸奥守・...
京跡・宮跡

閑院内裏跡

京都府京都市にあった平安時代の藤原氏の屋敷、および里内裏跡。歴史・概略平安時代初期、桓武天皇から淳和天皇の4代に仕え異例の昇進を果たした公卿・...
京跡・宮跡

土御門内裏跡

平安時代後期に使われた里内裏跡。歴史・概略もともとこの場所には、村上天皇の第7皇子で村上源氏の祖となった具平親王(ともひらしんのう)の邸宅があ...
京跡・宮跡

白河南殿跡

平安時代後期に使用された白河上皇の院御所跡。歴史・概略白河天皇(しらかわてんのう)は平安時代後期、まだ幼い堀河天皇、鳥羽天皇を即位させ、自身は...
京跡・宮跡

白河北殿跡

平安時代後期に使用された白河上皇の院御所跡。後の「保元の乱」の戦闘が起こった場所のひとつ。歴史・概略白河天皇(しらかわてんのう)は平安時代後期...
京跡・宮跡

高津宮址(仁徳天皇)

第16代仁徳天皇が置いた都・高津宮跡の碑。歴史・概略難波高津宮(なにわたかつのみや)は、5世紀の「倭の五王」の一人とみられている第16代仁徳天...
寺社

水無瀬神宮(後鳥羽天皇宮跡)

大阪にある後鳥羽天皇・土御門天皇・順徳天皇を祀る神宮。歴史・概略この場所にはかつて後鳥羽天皇の離宮・水無瀬殿があったが、建保四年(1216)の...
タイトルとURLをコピーしました