スポンサーリンク

百々橋の礎石

百々橋の礎石 京都
百々橋の礎石

百々橋(どどばし)は「応仁の乱」で激しい戦闘となった場所のひとつ。

歴史・概略

  • 室町時代中期、畠山氏や斯波氏、将軍家の後継問題などから日本全国の大名たちを巻き込んで後に「応仁の乱」と呼ばれる10年に及ぶ戦いが勃発した。かつてこの場所には南北に流れる小川があり、この川を挟んで東西両軍が数回にわたって交戦した。
  • 百々橋はこの小川に架かっていた橋で、この付近が「百々ノ辻」と呼ばれていたことに由来する。今は開発によって小川は埋め立てられ、橋の礎石だけが残されている。

見どころ・おすすめ

施設データ

地図
住所:京都府京都市上京区寺之内通小川通
百々橋の礎石

周辺の史跡を探す
主な施設
礎石のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「鞍馬口」「今出川」駅から約0.9Km

【バス】
・市バス「堀川寺ノ内」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約10Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました