スポンサーリンク

伏見奉行所跡

伏見奉行所跡碑 その他遺跡
伏見奉行所跡碑

旧幕府軍と新政府軍が戦った「鳥羽・伏見の戦い」における激戦地のひとつ。

  • 伏見は江戸幕府の直轄領で伏見奉行は幕府が各地に置いた遠国奉行のひとつ。
  • 伏見の町は京都中心部と大阪や西国とを結ぶ重要な中継地点として古くより大いに賑わった町で、奉行所は町の取り締まりや年貢の徴収、船の取り締まりなどを行っていた。
  • 慶応4年1月3日(1868年1月27日)、「鳥羽伏見の戦い」の戦火により焼失。
    朝廷への訴えのため京都へ向け進軍していた旧幕府軍は鳥羽と伏見を抑えていた薩長勢力と通行を巡って小競り合いを起こしていた。やがて鳥羽で本格的な戦闘が開始、伏見でその砲声を聞いた薩摩藩御香宮から旧幕府軍の本陣が置かれていた伏見奉行所へ向け砲火を浴びせた。会津藩兵や新選組などが応戦するもその後奉行所内の弾薬に火が付き奉行所は炎上、旧幕府軍は撤退した。

施設データ

地図
住所:京都府京都市伏見区西奉行町
伏見奉行所跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・京阪「伏見桃山」「観月橋」駅
・近鉄「桃山御陵前」駅
・JR「桃山」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました