スポンサーリンク

木幡山伏見城跡

伏見城模擬天守 京都
伏見城模擬天守

京都府京都市にあった城。先に築城された指月伏見城と区別するため木幡山伏見城とも呼ばれる。他に桃山城とも呼ばれる。

歴史・概略

  • 築城:文禄5年(1596年)
  • 廃城:元和9年(1623年)
  • 築城主:豊臣秀吉
  • 構造:梯郭式・平山城
  • 主な城主:豊臣氏・徳川氏
  • 文禄5年(1596年)、慶長伏見地震によりそれまで豊臣秀吉が居城としていた指月伏見城が壊滅的な被害を受けたため、そこから少し離れた木幡山に新たな城の築城を開始。
  • 慶長2年(1597年)、伏見城が完成。
  • 慶長3年(1598年)、秀吉が伏見城内で死去。
  • 慶長5年(1600年)、関ケ原の戦い」の前哨戦として西軍が徳川家の家臣・鳥居元忠が守る伏見城を攻撃し1か月以上の戦いの末、落城。この戦いで建物のほとんどが焼失したと思われる。
  • 慶長6年(1601年)、徳川家康により伏見城を再建開始。普請奉行は藤堂高虎
  • 慶長8年(1603年)、家康が伏見城内で将軍宣下を受ける。
  • 慶長10年(1605年)、徳川秀忠が伏見城内で将軍宣下を受ける。
  • 元和9年(1623年)、徳川家光が伏見城内で将軍宣下を受ける。
  • 元和9年(1623年)、廃城。以後伏見奉行所管理下に置かれ幕末まで立ち入りが制限された。
  • 本丸跡付近は明治天皇陵となっており現在立ち入りが禁止されている。
  • 花畑曲輪跡には遊園地「伏見桃山城キャッスルランド」の施設として徳川時代の天守をモデルにした模擬天守が建てられたが、現在遊園地は閉園となり天守への立ち入りはできない状況となっている。

見どころ・おすすめ

  • 模擬天守は現在立ち入り禁止となっており、外から眺めることしかできない。
  • 周辺の伏見城遺構としては北堀跡と言われる北堀公園や伏見城武家地 黒田長政下屋敷跡参考地、桃山東小学校内の復元石垣などがあり、御香宮神社の表門は伏見城大手門の移築とされているのでそちらも覗いてみるといい。
  • 木幡山伏見城が築城される以前に使用された指月伏見城の遺構が残されているので、そちらも見てみるといい。

施設データ

地図
住所:京都府京都市伏見区桃山町大蔵
木幡山伏見城跡

周辺の史跡を探す
主な施設
移築門・石垣・水堀・土橋・天守台・模擬天守
利用時間
【伏見桃山城運動公園】
4月 ~ 9月 6:00 ~ 19:00
10月~ 3月 7:00 ~ 17:00
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「桃山」駅から約1.3Km
・近鉄電車「近鉄丹波橋」駅から約1.1Km
・京阪電車「丹波橋」駅から約1.3Km

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約4Km
・駐車場あり(伏見桃山城運動公園)

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました