スポンサーリンク

後白河天皇 法住寺陵

後白河天皇 法住寺陵 京都
後白河天皇 法住寺陵

平安時代末期に在位した後白河天皇の陵墓。

歴史・概略

  • 鳥羽上皇の第四皇子として生まれ、皇位継承とは無縁な立場で歌に踊りに明け暮れたと言われる。しかし弟の近衛天皇が急死すると後白河天皇の子で美福門院(鳥羽天皇皇后)の養子となっていた守仁親王(二条天皇)を即位させる間の中継ぎとして29歳で即位した。
  • 保元元年(1156年)、鳥羽法皇の崩御によって崇徳上皇と後白河天皇の間で「保元の乱」が勃発、天皇側が勝利し崇徳上皇は讃岐に配流された。
  • 平治元年(1160年)、今度は譲位した二条天皇と後白河上皇の間で対立が深まり「平治の乱」が勃発、平清盛による平氏政権が誕生することとなった。
  • 永暦元年(1160年)、後白河上皇は焼失した御所に代わる拠点として法住寺殿を造営。
  • 寿永2年(1183年)、法住寺合戦により法住寺殿が消失し御所を長講堂に移した。
  • 建久3年(1192年)、上皇が崩御。上皇の崩御後ゆかりの深い法住寺殿跡地を御陵とした。

見どころ・おすすめ

施設データ

地図
住所:京都府京都市東山区三十三間堂廻り
後白河天皇 法住寺陵

周辺の史跡を探す
主な施設
法住寺陵
利用時間
常時(御陵は立ち入り禁止)
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・京阪電車「七条」駅から約0.5Km

【バス】
・市バス「博物館三十三間堂前」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約6Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました