スポンサーリンク

埴生護国八幡宮

埴生護国八幡宮 富山
埴生護国八幡宮

埴生護国八幡宮(はにゅうごこくはちまんぐう)は奈良時代の創建と伝えられる八幡宮。社殿は安土桃山時代から江戸時代初期にかけて作られた建物で国の重要文化財となっている。

  • 寿永2年(1183年)に起った「倶利伽羅峠の戦い」においては打倒平家を狙う木曽義仲がこの社に戦勝を祈願し、平家の大軍に勝利したとされる。以来、武田信玄佐々成政豊臣秀吉など戦国武将の信仰が篤かった。
  • 木曽義仲に関わるおもな出来事
    1154年 源義賢の次男として生まれる
    1155年 「大蔵合戦」で源義朝により父・義賢が討たれる
    1180年 以仁王が平家追討の令旨を出す
    1180年 挙兵
    1180年 市原合戦
    1181年 横田河原の戦い
    1183年 倶利伽羅峠の戦い
    1183年 入京
    1184年 宇治川の戦い
    1184年 粟津の戦いで討死
  • 「源平の合戦」のおもな戦闘
    1180年 宇治平等院の戦い
    1180年 富士川の戦い
    1183年 倶利伽羅峠の戦い
    1184年 一ノ谷の戦い
    1185年 屋島の戦い
    1185年 壇ノ浦の戦い

施設データ

地図
住所:富山県小矢部市埴生
埴生護国八幡宮

周辺の史跡を探す
主な施設
八幡宮
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・あいの風とやま鉄道「石動」駅
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました