スポンサーリンク

方広寺(京の大仏)

方広寺京都
方広寺

京都東山にある豊臣秀吉が建立した天台宗寺院。

歴史・概略

  • 天下統一目前の秀吉が大仏の造立を発願、その後数年をかけ文禄4年(1595年)に完成した。このとき大仏を安置するための寺として建てられたのが方広寺で、当時は広大な敷地を持ち三十三間堂も寺域に含まれていたという。
  • 大仏は約19メートルあり、奈良の東大寺大仏よりも大きかったが、文禄5年閏7月13日(1596年9月5日)に発生した慶長伏見地震によって倒壊し秀吉は激怒したという。
  • 秀吉の死後も豊臣家の保護を受けたが、豊臣秀頼の寄進によって造られた梵鐘の銘文が問題となって「大阪の陣」に発展、豊臣家滅亡のきっかけとなった。

見どころ・おすすめ

  • 梵鐘-大阪の陣」のきっかけとなった梵鐘。「国家安康」「君臣豊楽」の銘文が今も残る。
  • 大仏殿石垣-方広寺から豊国神社、京都国立博物館にかけて、かつての大仏殿石垣が残る。
  • 方広寺裏手には大仏殿跡地があるので、立ち寄ってみるといい。

関連動画

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有
YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

施設データ

地図
住所:京都府京都市東山区正面通大和大路東入る
方広寺(京の大仏)

周辺の史跡を探す
主な施設
大仏殿石垣・梵鐘
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・京阪電車「七条」駅から約0.6Km

【バス】
・市バス「博物館三十三間堂前」「五条大和大路」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約6Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました