スポンサーリンク

豊国廟(豊臣秀吉の墓)

豊国廟 京都
豊国廟

京都市にある豊臣秀吉の墓所

歴史・概略

  • 豊臣秀吉(とよとみ・ひでよし)木下藤吉郎羽柴秀吉藤原秀吉
  • 近江長浜城主・播磨姫路城主・摂津大阪城主。
  • 関白・太政大臣。
  • 木下弥右衛門の子(諸説あり)。母は「なか(大政所)
  • 兄弟に豊臣秀長智(とも・日秀尼)朝日姫(徳川家康室)
  • 子に鶴松秀頼など。養子として秀次秀勝(於次丸)秀勝(小吉)など。
  • 尾張統一前より織田信長に仕え、重臣のひとりとして活躍し城持ちにまで出世を果たした。「本能寺の変」後は、織田家臣団の勢力争いに打ち勝って天下人になった。
  • 慶長3年8月18日(1598年9月18日)、伏見城において死去。遺骸は方広寺東側の阿弥陀ヶ峰に埋葬、社殿を建て豊国大明神として祀られた。
  • 豊臣家の滅亡後は、徳川家によって社殿が破壊され、秀吉を神として祀ることが禁止された。
  • 明治8年(1875年)、徳川の時代は終わり、明治天皇によって秀吉の功績が認められ再び社殿が建てられる。
  • 明治30年(1897年)、阿弥陀ヶ峰山頂に五輪塔が建てられる。翌年、工事の際に秀吉とみられる遺体が発見され、丁重に埋葬しなおされた。

見どころ・おすすめ

関連動画

豊臣秀吉が眠る豊国廟
京都にある豊臣秀吉の墓所・豊国廟を散策始まりから江戸時代の消された時代、そして現在に至る豊国廟の歴史をご紹介#豊臣秀吉#歴史#京都

施設データ

地図
住所:京都府京都市今熊野北日吉町
豊国廟(豊臣秀吉の墓)

周辺の史跡を探す
主な施設
五輪塔・国松供養塔・松の丸殿供養塔
利用時間
常時
定休日
無休
料金
100円(登拝料)
交通
【電車】
・京阪電車「七条」駅から約1.4Km
・JR「京都」駅から約2Km
・地下鉄「京都」駅から約2Km

【バス】
・市バス「東山七条」バス停
・京都バス「東山七条」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約6Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました