スポンサーリンク

茨木城跡

茨木城跡 城跡
茨木城跡

大阪府茨木市にあった城。

歴史・概略

  • 築城:不明
  • 廃城:元和2年(1616年)
  • 築城主:不明
  • 構造:平城
  • 主な城主:茨木氏・中川清秀・片桐且元
  • 築城年は分かっていないが一説には楠木正成が築いたのが始まりとも言われる。
  • 以後の記録はないが、室町時代には国人領主である茨木氏の城となっている。戦国時代には荒木村重中川清秀の連合軍に敗れ、以後清秀が茨木城主となった。しかし「賤ヶ岳の戦い」で清秀は戦死している。
  • その後、清秀の子・秀政が城主となったが、後に播磨国三木へ転封、豊臣秀吉の直轄地となった。
  • 関ケ原の戦い」の後には、豊臣家家臣であった片桐且元が入った。
  • その後江戸幕府によって出された一国一城令により高槻城を残して廃城となってしまったため遺構はほとんど残っていない。

見どころ・おすすめ

  • 櫓門-復元櫓門。茨木市立茨木小学校の正門。
  • 南西に少し行った茨木神社の東門は移築された搦手門であると言われている。
  • 北西約3Kmの場所に中川清秀が茨木城主となるきっかけとなった「白井河原の戦い」の遺構が残されている。

施設データ

地図
住所:大阪府茨木市片桐町
茨木城跡

周辺の史跡を探す
主な施設
茨木城櫓門(復元)
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・阪急「茨木市」駅から約0.7Km
・JR「茨木」駅から約1.3Km

【バス】
・阪急バス「税務署前」「竹橋町」バス停

【マイカー】
・名神高速「茨木IC」から約2Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました