スポンサーリンク

伊勢長島城跡

伊勢長島城跡 三重
伊勢長島城跡

三重県桑名市にあった城。江戸時代の長島藩藩庁

歴史・概略

  • 築城:寛元3年(1245年)
  • 廃城:明治5年(1872年)
  • 築城主:藤原道家
  • 構造:平城
  • 主な城主:伊藤氏・滝川一益織田信雄・菅沼氏・久松松平氏・増山氏
  • 寛元3年(1245年)、公卿の藤原道家(九条道家)が館を築いたのが始まりとされる。
  • 文明14年(1482年)、北勢四十八家(北伊勢に勢力を張る小規模な城主および豪族の総称)のひとり伊藤重晴が長島城を築城し長島を治めた。
  • 永禄10年(1567年)、織田信長の美濃攻略により美濃を追われた斎藤龍興が長島に逃げ込んだことにより、織田軍が伊勢に侵攻、北伊勢は信長に従属した。
  • 元亀元年(1570年)、本願寺織田信長に対して蜂起すると長島でも一揆が発生、長島城を攻め落とした(長島一向一揆)。その後長島城は一揆勢の拠点となったが天正2年(1574年)信長に降伏した。この際織田軍は退去する一揆勢に対して攻撃を行い、それに怒った一揆勢は反撃し双方に多大な被害が出た。

  • 古木江城跡碑

    一揆勢の攻撃を受け落城した古木江城跡(愛知県愛西市)

  • 信長の支配以降は、滝川一益織田信雄豊臣秀次福島高晴福島正則の弟)などたびたび領主が変わった。
  • 慶長6年(1601年)、菅沼定仍(すがぬま・さだより)が入府し、長島藩が立藩。
  • 元和7年(1621年)、菅沼氏が移封され長島藩は廃藩、長島城は一時廃城となった。
  • 慶安2年(1649年)、松平康尚(まつだいら・やすなお)(久松松平家)が入府し、長島藩が再興。
  • 元禄15年(1702年)、増山正弥(ましやま・まさみつ)が入府。

見どころ・おすすめ

  • 明治になってこの東にある蓮正寺に長島城大手門が移築されて残っている。

施設データ

地図
住所:三重県桑名市長島町西外面
伊勢長島城跡

周辺の史跡を探す
主な施設
案内板のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・近鉄電車「近鉄長島」駅から約0.9Km
・JR「長島」駅から約1Km

【バス】
・桑名市コミュニティバス「中部小学校前」バス停
・三重交通「長島」バス停

【マイカー】
・東名阪自動車道「長島IC」から約3Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました