藤原良房

暦23年(804年)~貞観14年(872年)
ふじわら・よしふさ。平安時代初期の公家。摂政太政大臣。藤原冬嗣の次男。藤原氏として最初に摂政に就任し、その後の藤原氏全盛となる基礎を作った。

京都

染殿井(染殿第跡)

平安時代前期の公卿・藤原良房の屋敷があった場所。 藤原良房は平安時代前期の公卿で娘を文徳天皇に入内させ、その後生まれた幼い清和天皇を皇位につけ外戚として...
京都

白河院跡(法勝寺跡)

藤原氏の別荘、白河上皇が建立した法勝寺跡。 白河院は平安時代初期の公家で藤原氏全盛の礎となった藤原良房がこの場所に別業(別荘)を営んだことに始まり白河殿...
京跡・宮跡

東三条殿跡

平安時代、政治権力の中枢に君臨し続けた藤原氏の邸宅跡。 平安時代初期、藤原氏として初めて摂政に就きその後の藤原氏隆盛の基礎を作った藤原良房がここに屋敷を...
タイトルとURLをコピーしました