林秀貞

?~天正8年(1580年)
尾張出身の戦国武将。織田信長の父・信秀に仕え、那古野城主となった幼少の信長に家老としてつけられた。信秀の死後、柴田勝家らとともに信長の弟・信行の擁立を画策、信行側は敗北するが信長に赦され家老に留まった。その後も信長の家老として職責を果たすが、天正8年(1580年)に追放されその直後に亡くなった。

古戦場

桶狭間古戦場伝説地

永禄3年(1560年)、「桶狭間の戦い」が起こった地とされる。 駿河、遠江、三河を領する今川義元は大軍を率いて織田信長のいる尾張へと侵攻する。対する織田軍...
古戦場

三方ヶ原古戦場

元亀3年12月(1573年1月)、西上を開始した武田信玄とそれを守る隣国の徳川家康との間に起きた戦闘の地。 信濃を平定し駿河侵攻によって領土の拡大を続け...
古戦場

桶狭間古戦場公園

永禄3年(1560年)、尾張の織田信長が大軍率いる今川義元を討ち取った、いわゆる「桶狭間の戦い」が起こった地。 歴史・概略 駿河、遠江、三河を領す...
タイトルとURLをコピーしました