伊東甲子太郎

天保5年(1835年)~慶応3年(1867年)
いとう・かしたろう。新選組参謀。御陵衛士。新選組に合流するも方針の違いから脱退し御陵衛士を立ち上げた。その後油小路事件において新選組隊士らに暗殺された。

寺社

御陵衛士屯所跡(月真院)

京都東山にある豊臣秀吉の妻・ねねゆかりの高台寺の塔頭のひとつ。 歴史・概略 元和2年(1616年)、北政所の従弟・久林元昌(玄昌)が津和野藩主・亀...
事件

伊東甲子太郎外数名殉難之跡

御陵衛士(ごりょうえじ)の伊東甲子太郎(いとうかしたろう)が新選組に襲撃され絶命した場所。 歴史・概略 この事件の起こる数か月前の慶応3年3月(1...
タイトルとURLをコピーしました