禁門の変

元治元年7月19日(1864年8月20日)
京都の御所で起こった武力衝突事件。他に「蛤御門の変」とも呼ばれる。「八月十八日の政変」によって政治的な影響力を失った長州勢力が巻き返しを図って挙兵、会津藩、薩摩藩、新選組などが守る御所周辺で交戦した。この日の混乱で「どんどん焼け」と呼ばれる火に包まれ京都の街は大きな被害を出した。この後、長州藩は朝敵として幕府から征討を受けることとなった。

京都

伏見長州藩邸跡

江戸時代、長州藩が京都伏見に置いた藩邸跡。 伏見の町は伏見城築城による城下町の形成以降、京都の中心部と大阪とを結ぶ物流の要衝として栄え、多くの藩がここに...
京跡・宮跡

凝華洞跡(京都御苑)

京都守護職・松平容保が仮の宿舎とした凝華洞(ぎょうかどう)の跡。 歴史・概略 江戸時代初期、後西天皇退位後の仙洞御所があったとされる。 元治元...
京都

鷹司邸跡(京都御苑)

「禁門の変」の舞台となった鷹司邸があった場所。 歴史・概略 鷹司家は藤原氏五摂家のひとつで関白や太政大臣などの任に就く家柄であった。幕末期、「八月...
京跡・宮跡

蛤御門(京都御苑)

蛤御門(はまぐりごもん)は京都御所を守る外郭九門のうちのひとつで、「禁門の変」で長州勢力と幕府勢力との戦闘が行われた場所。この門の名をとって「蛤御門の変」とも呼...
事件

堺町御門(京都御苑)

京都御苑の外郭九門のひとつ。 歴史・概略 京都御苑は豊臣秀吉や徳川の時代、天皇の御所周辺に宮家や公家屋敷が集められたことに始まり、明治になって都を...
京都

長州屋敷跡

京都御池通り沿いにあるホテルオークラの建つ辺り一帯は、江戸時代、毛利氏を藩主とする長州藩の藩邸があった。 幕末の京都は尊王攘夷派の動きが活発で、長州藩邸...
京跡・宮跡

離宮八幡宮

京都府大山崎町にある神社で、武家からの信仰が厚い八幡大神を祀る。 歴史・概略 清和天皇の勅命により石清水八幡宮を建立したことが始まりとされる。その...
京都

宝積寺

山崎天王山(京都府乙訓郡大山崎町)にある真言宗寺院。宝寺とも呼ばれる。 歴史・概略 神亀元年(724年)、東大寺の大仏造立にも関わった行基が聖武天...
京都

十七烈士の墓

「禁門の変」に敗れ敗走し、山崎天王山に立て籠もった長州藩士ら17名の墓。 歴史・概略 元治元年7月19日(1864年8月20日)、八月十八日の政変...
タイトルとURLをコピーしました