千姫

慶長2年(1597年)~寛文6年(1666年)
江戸時代初期の女性。豊臣秀頼の正室、本多忠刻の正室。父は徳川秀忠、母は浅井三姉妹のひとり江、兄弟に家光、保科正之など。豊臣秀吉の死後、生前の約束を守って秀吉の遺児・秀頼に輿入れしたが「大坂の陣」によって豊臣家は滅亡、千姫は助け出された。その後本多忠刻に嫁ぎ姫路城で暮らした。

兵庫

姫路城

兵庫県姫路市にある城。今も現存する12天守のうちのひとつ。 姫路城は南北朝の時代、赤松貞範により築城されたとする説が有力で、現在見られる天守は関ケ原のあとの西...
博物館

大阪城公園

大阪府大阪市にある城。 歴史・概略 天正11年(1583年)羽柴秀吉(豊臣秀吉)によって築城され、その後秀吉政権下の本拠地となった。築城時の総奉行は黒田...
タイトルとURLをコピーしました