俊寛

康治2年(1143年)~治承3年(1179年)
しゅんかん。平安時代後期の僧。鹿ヶ谷にある俊寛の山荘で平家打倒の計画を立て、これが密告によって露見し鬼界ヶ島に配流された。

邸宅・住居跡

俊寛僧都鹿谷山荘跡

平安時代後期、平家打倒の謀議が行われた鹿ケ谷山荘があったとされる場所。 歴史・概略 平清盛を中心に平氏一門が隆盛を極めた平安時代末期、後白河法皇の...
タイトルとURLをコピーしました