吉田松陰

文政13年(1830年)~安政6年(1859年)
よしだ・しょういん。幕末の長州藩士。私塾「松下村塾」を主宰、門下生の中には高杉晋作、久坂玄瑞、山縣有朋、入江九一などがおり幕末から明治にかけて活躍した多くの人材を輩出した。「安政の大獄」により投獄され、老中暗殺計画を告白して処刑された。

城跡

萩城跡指月公園

山口県萩市にあった城。江戸時代、毛利氏を藩主とした萩藩(長州藩)の藩庁。 戦国時代、中国の覇者となった毛利元就の孫の輝元は豊臣秀吉に仕え中国地方のほとんど...
その他遺跡

松下村塾

江戸時代末期、吉田松陰によって萩城下に開かれた私塾。 松陰の叔父の玉木文之進が天保13年(1842年)に開いた松下村塾が始まりで、その後松陰が塾を引き継...
タイトルとURLをコピーしました