スポンサーリンク

弘文院址

弘文院址 邸宅・住居跡
弘文院址

平安時代初期、和気氏が大学寮生のために建てたとされる寄宿舎跡。

歴史・概略

  • 大学寮(だいがくりょう)とは、官僚候補生を受け入れて育成していく機関のことである。そのひとつ弘文院(こうぶんいん)和気清麻呂の子である和気広世(わけひろよ)が父の遺志を引き継いで、大学の南側にあった私邸を延暦年間(782年~806年)頃、大学別曹(大学寮の付属機関)としたとされる。
  • 他にも藤原氏の勧学院や王氏の奨学院、橘氏の学館院などが知られている。

見どころ・おすすめ

施設データ

地図
住所:京都府京都市中京区御池通千本東入る

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「二条」駅から約0.3Km
・地下鉄「二条」駅から約0.3Km

【バス】
・市バス「二条駅前」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約7Km
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました