スポンサーリンク

甲府城

甲府城 城跡
甲府城

山梨県甲府市にあった城。江戸時代の甲府藩藩庁。舞鶴城とも呼ばれる。

  • 築城:天正11年(1583年)もしくは天正18年(1590年)
  • 廃城:明治6年(1873年)
  • 築城主:徳川家康もしくは羽柴秀勝
  • 構造:梯郭式・平山城
  • 主な城主:浅野氏・徳川氏・柳沢氏
  • 日本100名城
  • 武田氏滅亡後、甲斐は織田信長の領国となったがその矢先「本能寺の変」が起こったため武田氏旧領を巡って「天正壬午の乱」が起こった。これにより徳川家康は甲斐を領国とし、躑躅ヶ崎館に代わる甲斐の新しい拠点として家臣・平岩親吉に命じ築城したとされる。
  • 家康の関東への移封後は家康への牽制として羽柴秀勝加藤光泰浅野長政ら豊臣系の大名が入り、築城が本格化した。この時の築城が最初とする説もある。
  • 江戸時代には親藩など幕府に近い大名が入った後、幕府直轄領となった。

施設データ

地図
住所:山梨県甲府市丸の内
甲府城

周辺の史跡を探す
主な施設
天守台・稲荷曲輪門・内松陰門・鍛冶曲輪門・山手御門・稲荷櫓・数寄屋櫓跡・煙硝蔵跡・本丸櫓跡・庄城稲荷跡・水溜跡・石切場跡・銅門跡・鉄門跡・中の門跡
利用時間
【稲荷櫓】
 9:00~16:30

【山手御門】
 9:00~17:00
定休日
【稲荷櫓・山手御門】
 月曜日(祝日は開館)・祝日の翌日・年末年始
料金
無料
交通
・JR「甲府」駅
・駐車場あり(バス・身体障害者のみ)

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました