スポンサーリンク

八国山(久米川の戦い)

将軍塚 古戦場
将軍塚

鎌倉幕府倒幕運動「元弘の乱」の戦闘のひとつ「久米川の戦い」が起こった場所。その際、倒幕軍を率いていた新田義貞が陣を張ったとされる場所

歴史・概略

  • 元弘3年(1333年)5月8日、後醍醐天皇の鎌倉幕府打倒の綸旨を受け、上野国に本拠を持つ新田義貞(にった・よしさだ)が挙兵した。新田軍は幕府の本拠である鎌倉に向け鎌倉街道を南進、11日に武蔵国小手指原(こてさしはら)において新田軍と鎌倉幕府の追討軍が衝突した。
    翌12日、久米川に退いていた幕府軍を新田軍が急襲、さらに幕府軍を分倍河原(ぶばいがわら)まで退けた。その戦いの際に義貞が陣を張ったのが八国山で、戦いに勝った義貞が塚に旗を立てたと言われる。
  • 戦いはこの後も続き、この10日後鎌倉幕府は滅亡した。
  • <鎌倉幕府滅亡に至る新田義貞の主な戦い>
    5月5日または8日 挙兵
    5月11日 小手指原の戦い
    5月12日 久米川の戦い
    5月15日 分倍河原の戦い
    5月16日 関戸の戦い
    5月18日 鎌倉の戦い
    5月22日 鎌倉幕府滅亡

見どころ・おすすめ

施設データ

地図
住所:埼玉県所沢市松が丘
八国山(久米川の戦い)

周辺の史跡を探す
主な施設
将軍塚・元弘青石塔婆所在跡碑
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・西武鉄道「東村山」「所沢」駅から約1.8Km

【バス】
・東村山コミュニティバス「西宿公園」バス停
・西武バス「将軍塚」バス停

【マイカー】
・関越自動車道「所沢IC」から約9Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました