スポンサーリンク

恭仁京跡(山城国分寺跡)

恭仁京大極殿跡 京跡・宮跡
恭仁京大極殿跡

奈良時代中期、聖武天皇(しょうむてんのう)によって遷都されたかつての都跡。
大養徳恭仁大宮(やまとのくにのおおみや)とも呼ばれる。

歴史・概略

  • 恭仁京(くにきょう)は、天平12年(740年)から天平16年(744年)にかけて営まれた都。現在の京都府木津川市付近にあたる。
  • 天平12年(740年)、確かな理由は分かっていないが、飢饉や地震、疫病など世情不安が続く中、平城京を捨てて恭仁京へと遷った。しかし聖武天皇天平14年になると、大極殿も完成しないうちに今度は近江信楽の地に紫香楽宮(しがらきのみや)を造成し始め、たびたび足を運ぶようになった。そして翌年には都の建設が中止され、天平16年には難波宮へと遷都した。
  • 遷都の後、都の跡地は山城国分寺として活用され、大極殿は金堂に転用された。今は大極殿と七重の塔が建っていたとされる礎石が残っている。

【日本のおもな首都】

遷都年みやこ所在地遷都時の天皇
593年(崇峻天皇5年)飛鳥京(あすかきょう)奈良県推古天皇
645年(大化元年)難波京(なにわきょう)大阪府孝徳天皇
655年(斉明天皇元年)飛鳥京(あすかきょう)奈良県斉明天皇
667年(天智天皇6年)大津京(おおつきょう)滋賀県天智天皇
672年(天武天皇元年)飛鳥京(あすかきょう)奈良県天武天皇
694年(持統天皇8年)藤原京(ふじわらきょう)奈良県持統天皇
710年(和銅3年)平城京(へいじょうきょう)奈良県文武天皇
740年(天平12年)恭仁京(くにきょう)京都府聖武天皇
744年(天平16年)難波京(なにわきょう)大坂府聖武天皇
745年(天平17年)紫香楽宮(しがらきのみや)滋賀県聖武天皇
745年(天平17年)平城京(へいじょうきょう)滋賀県聖武天皇
784年(延暦3年)長岡京(ながおかきょう)京都府桓武天皇
794年(延暦13年)平安京(へいあんきょう)京都府桓武天皇
1180年(治承4年)福原京(ふくはらきょう)兵庫県安徳天皇
1180年(治承4年)平安京(へいあんきょう)京都府安徳天皇
1869年(慶応4年)東京(とうきょう)東京都明治天皇

紫香楽宮(宮町遺跡)

紫香楽宮(宮町遺跡)(滋賀県甲賀市)

見どころ・おすすめ

  • 礎石-塔の礎石がきれいに残っている。googleの航空写真でも確認できる。

施設データ

地図
住所:京都府木津川市加茂町例幣中切

周辺の史跡を探す
主な施設
大極殿跡、塔跡
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「加茂」駅

【バス】
・コミュニティバス「恭仁宮跡」バス停
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました