スポンサーリンク

水無瀬神宮

水無瀬神宮 京跡・宮跡

後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇を祀る神宮。

歴史・概略

  • この場所にはかつて後鳥羽天皇の離宮・水無瀬殿があったが、建保四年(1216)の洪水によって建物が被害を受けたため別の場所に離宮(後鳥羽上皇水無瀬宮址)が再建されている。
  • 後鳥羽上皇はその後、鎌倉幕府と対立し「承久の乱」へと発展、上皇は幕府に敗北し隠岐に配流された。その後隠岐で没した上皇の遺勅により、仁治元年(1240年)、上皇の離宮跡地に上皇を祀るための御影堂を建てそれが水無瀬神宮の始まりとなった。
  • その後「承久の乱」で後鳥羽上皇と同じく配流となった土御門天皇、順徳天皇も合祀され、今に至っている。
  • 安土桃山時代、水無瀬家が制作した将棋の駒「水無瀬駒」に因んで「水無瀬駒発祥の地」碑が立つ。

見どころ・おすすめ

  • 離宮の水-名水百選。
  • 後鳥羽上皇が再建した離宮(後鳥羽上皇水無瀬宮址)もこの近くにあるので合わせて回るといい。

施設データ

地図
住所:大阪府三島郡島本町広瀬
水無瀬神宮

周辺の史跡を探す
主な施設
水無瀬神宮・「水無瀬駒発祥の地」碑
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「島本」駅から約1Km
・阪急電車「水無瀬」駅から約1Km

【バス】
・阪急バス「国道島本」バス停

【マイカー】
・名神高速「大山崎IC」から約3Km
・駐車場あり

コメント

  1. 境内には「離宮の水」って呼ばれる湧き水がありまして、なんでも名水百選だそうで前に行った時にはたくさんの人が行列作って水汲みに来てました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました