スポンサーリンク

水戸藩邸跡

水戸藩邸跡碑 京都
水戸藩邸跡碑

江戸時代、京都に置かれた水戸藩邸跡。

  • 水戸藩の石高は28万石、常陸の水戸城を藩庁とする。藩祖は徳川家康の子・頼房で徳川御三家のひとつ。水戸徳川家の著名な人物に徳川光圀(水戸黄門)や徳川斉昭、徳川慶喜がいる。
  • 平安時代初期、この場所は村上源氏の邸宅として使われており、後に鳥羽天皇崇徳天皇近衛天皇の里内裏(土御門内裏)として使われるようになった。室町時代初期には清浄華院(しょうじょうけいん)という寺院が建てられ朝廷や室町幕府などから手厚い保護を受けるなどしたが豊臣秀吉による都市整備で移転させられ江戸時代になって水戸藩邸が置かれた。

施設データ

地図
住所:京都府京都市上京区鷹司町
水戸藩邸跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・地下鉄「丸太町」「今出川」駅
・市バス「烏丸下長者町」「烏丸一条」バス停

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました