スポンサーリンク

水飲対陣之跡(延元の乱)

水飲対陣之跡碑 京都
水飲対陣之跡碑

延元の乱」における古戦場のひとつ

歴史・概略

  • 延元の乱(えんげんのらん)」とは、後醍醐天皇鎌倉幕府を倒したのちに主導した「建武の新政(けんむのしんせい)」より足利尊氏(あしかが・たかうじ)が離脱してから、室町幕府を開くに至るまでの一連の戦いのこと。ほかに「建武の乱(けんむのらん)」ともいう。
  • 建武2年(1335年)、「中先代の乱」をきっかけに足利尊氏が建武政権より離脱し、「延元の乱」が勃発した。建武3年(1336年)には足利氏が京都を制圧、後醍醐天皇は一旦尊氏との和睦を行うが、その後吉野へと逃れ、南北朝動乱に至った。
  • 足利軍上洛の際、後醍醐天皇は比叡山に逃れ、足利軍は比叡山を目指した。
    延元元年/建武3年(1336年)6月7日、後醍醐天皇の寵臣のひとり千種忠顕(ちぐさ・ただあき)が、尊氏の弟・足利直義(あしかが・ただよし)と比叡山南側の京都雲母坂(きららざか)において対峙し戦死した。

見どころ・おすすめ

施設データ

地図
住所:京都府京都市左京区修学院音羽谷
水飲対陣之跡(延元の乱)

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・叡山電鉄「修学院」駅
・叡山ケーブル「ケーブル比叡」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました