スポンサーリンク

小野篁・紫式部の墓

小野篁・紫式部の墓所 京都
小野篁・紫式部の墓所

「源氏物語」の作者とされる紫式部の墓平安時代の公卿・小野篁の墓も並んで立てられている。

歴史・概略

  • 紫式部(むらさきしきぶ)は、平安時代の中頃活躍した歌人。「小倉百人一首」にも選ばれている歌人のひとりで、何よりも世界最古の長篇小説である「源氏物語」の作者と言われている。藤原氏の一族であった彼女は、当時の権力者であった藤原道長に見出され、道長の娘で一条天皇の中宮であった藤原彰子(上東門院)に仕えた。そして源氏物語を執筆、また宮中での生活を紫式部日記などに書き記した。
  • 小野篁(おの・たかむら)平安時代初期の公卿で、嵯峨天皇から文徳天皇にかけて仕えた。文人として優れ、小倉百人一首にも歌を残すひとりである。地獄を行き来し閻魔大王を補佐していたとの伝説がある。
  • 紫式部は色恋を描いたために地獄落ちし、それを小野篁が閻魔様にとりなしたとの伝説により、二人の墓が並んでいると言われる。

施設データ

地図
住所:京都府京都市北区紫野西御所田町
小野篁・紫式部の墓

周辺の史跡を探す
主な施設
小野篁の墓・紫式部の墓
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「鞍馬口」「北大路」駅から約0.9Km

【バス】
・市バス「北大路堀川」「堀川鞍馬口」バス停
・京都バス「北大路堀川」バス停

【マイカー】
・名神高速道路「京都南IC」から約10Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました