スポンサーリンク

長浜城跡

長浜城博物館
長浜城

滋賀県長浜市にあった城で、羽柴秀吉が初めて城主となったことで知られる。

歴史・概略

  • 築城:天正元年(1573年)
  • 廃城:慶長20年(1615年)
  • 築城主:羽柴秀吉
  • 構造:平城
  • 主な城主:羽柴氏・柴田氏・山内氏・内藤氏
  • 日本100名城
  • 織田信長の義理の弟・浅井長政が本拠とする小谷城攻略において武功を立てた秀吉は、浅井氏の旧領に入った。当時今浜と呼ばれたこの地に新しい城を築城、信長の一字をもらい長浜城と名付けた。
    また、秀吉はこのころにそれまでの木下姓を改めて、羽柴姓を名乗っている。
  • 天正10年(1582年)、本能寺の変」によって信長が亡くなると、清須会議の話し合いの中で柴田勝家の支配下となり、勝家の甥である柴田勝豊が入った。
  • 天正10年末(1582年)、勝家秀吉の仲は次第に悪化、長浜城は秀吉の攻撃を受け降伏した。その後「賤ヶ岳の戦い」で柴田氏が討ち取られると、山内一豊が入った。
  • 天正13年11月29日(1586年1月18日)、天正大地震が発生。城は全壊、一豊の娘も犠牲となった。
  • 天正18年(1590年)、徳川家康が関東に移封され、一豊が家康の旧領・遠江国掛川に転封。
  • 慶長11年(1606年)、徳川譜代・内藤信成が入府。
  • 元和元年(1615年)、内藤氏が摂津国高槻に転封。長浜城は廃城となった。

施設データ

地図
住所:滋賀県長浜市公園町
長浜城跡

周辺の史跡を探す
主な施設
長浜城歴史博物館(模擬天守)・太閤井戸
利用時間
【長浜城歴史博物館】
 9:00 ~ 17:00
定休日
【長浜城歴史博物館】
 年末年始
料金
【長浜城歴史博物館】
 大人400円・小中学生200円
交通
【電車】
・JR「長浜」駅から約0.4Km

【バス】

【マイカー】
・北陸自動車道「長浜IC」から約5Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました