スポンサーリンク

二本松城

二本松城 古戦場
二本松城

福島県二本松市にあった城。江戸時代の二本松藩藩庁。霞ヶ城とも呼ばれる。

歴史・概略

室町時代中頃、二本松満泰が城を築いたのが始まり。その後城主は度々代わっていき、寛永20年(1643年)丹羽長秀の孫・光重の入城以降、丹羽氏の居城となった。
戊辰戦争の「二本松の戦い」においては二本松藩は旧幕府側につき、新政府軍によって攻撃され落城、多くの犠牲者を出した。中でも、後に「二本松少年隊」と命名された12歳から17歳の少年兵が動員され若者の命が失われたことは悲劇として伝わっている。

  • 築城:室町時代中期
  • 廃城:明治5年(1872年)
  • 築城主:二本松満泰
  • 構造:梯郭式・平山城
  • 主な城主:二本松氏・伊達氏・蒲生氏・上杉氏・加藤氏・丹羽氏
  • 日本100名城
  • 室町時代中頃、畠山氏の一族・二本松満泰により築城。
  • 天正14年(1586年)、伊達政宗の配下となる。
  • 天正19年(1591年)、伊達氏への減封処分により蒲生氏郷に与えられる。
  • 慶長3年(1598年)、蒲生氏が転封され上杉景勝に与えられる。
  • 慶長5年(1600年)、関ケ原の戦いにより上杉氏が減封、蒲生領となる。
  • 寛永4年(1627年)、加藤嘉明が会津に入り娘婿に当たる松下重綱が二本松城に入る。
  • 寛永5年(1628年)、加藤嘉明の3男・明利が二本松城に入る。
  • 寛永20年(1643年)、丹羽光重が二本松城に入る。
  • 慶応4年(1868年)、戊辰戦争。奥羽越列藩同盟として新政府軍と交戦。

施設データ

地図
住所:福島県二本松市郭内
二本松城

周辺の史跡を探す
主な施設
旧二本松藩戒石銘碑・二本松少年隊群像・箕輪門・洗心亭・搦手門跡・本丸跡
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「二本松」駅から約1.3Km

【マイカー】
・東北自動車道「二本松IC」から約2Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました