スポンサーリンク

平清盛公西八条殿跡

平清盛公西八条殿跡 京都
平清盛公西八条殿跡

平安時代末期、武家政権を打ち立て権勢を誇った平清盛が京に築いた邸宅跡。

  • 西八条殿は八条通りの北、大宮大路の西、今の梅小路公園にあたり非常に広大な敷地を持っていた。若一神社(にゃくいちじんじゃ)はそこから大分西にずれるが、若一神社は西八条殿内にあった鎮守社であったと伝わる。
  • 養和元年(1181年)、清盛が亡くなった直後放火により焼け、さらに木曽義仲の入京によって平氏が都落ちする際、自らが放った火によって焼失した。

施設データ

地図
住所:京都府京都市下京区西大路通八条上る
平清盛公西八条殿跡

周辺の史跡を探す
主な施設
若一神社
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・JR「西大路」駅
・市バス「西大路八条」バス停

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました