スポンサーリンク

小幡信貞の墓(長篠の戦い)

小幡信貞の墓墓・慰霊碑
小幡信貞の墓

武田軍と織田・徳川連合軍が長篠設楽ヶ原において激突した「長篠の戦い」で討死したとされる小幡信貞の墓

歴史・概略

  • 小幡信貞(おばた・のぶさだ)は、戦国時代に上野国を本拠とした武将(上野小幡氏)。ほかに信実信真信定とも表される。信貞の父・憲重の代より武田信玄に仕え、信玄亡き後は勝頼に仕えた。
    資料によっては武田二十四将のひとりにも数えられている。
  • 天正3年(1575年)、武田氏の三河への拡張を狙った長篠城出陣を契機に、織田・徳川軍の間に「長篠の戦い」が始まった。
  • 信貞もこの戦いに参戦し、討死したとも言われる。しかし、「長篠の戦い」以降の信貞の記録も残っていることから、戦死したのは信貞の父、あるいは弟ではないかとも言われている。

見どころ・おすすめ

  • 周辺には「長篠の戦い」に関する史跡が点在しているので、まとめて回るのがおすすめ。
  • 新城市設楽原歴史資料館では「長篠の戦い」や火縄銃に関しての資料が展示がしてある。
  • 3Kmほど東には、この戦いのきっかけとなった長篠城がある。

施設データ

地図
住所:愛知県新城市竹広

周辺の史跡を探す
主な施設
小幡信貞の墓
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「三河東郷」駅から約1Km

【マイカー】
・新東名高速道路「新城IC」から約1.4Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました