スポンサーリンク

御土居(豊臣秀吉)

御土居その他遺跡
御土居

安土桃山時代、豊臣秀吉が築いた京都の街を取り囲んでいた土塁跡。

歴史・概略

  • 御土居(おどい)は『応仁の乱』から続く、長きに渡る戦乱によって荒廃した京都の街の都市整備の一環として作られた。その目的は街全体の防衛と、洪水対策のためとされる。
    京都の中心部を東西に約3.5キロ、南北に約8.5キロの範囲を取り囲んでおり、総延長は約23キロに及んだ。
  • この土塁の内側を洛中、外側を洛外と呼び、街道に通ずる場所を口と呼んだ。鞍馬口、丹波口、粟田口(三条口)などの地名は当時の名残で、7か所の口を総称して「京の七口(きょうのななくち)」と呼ばれた。

施設データ

地図
住所:京都府京都市上京区九軒町

周辺の史跡を探す
主な施設
土塁
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・京阪電車「出町柳」駅から約1Km
・叡山電鉄「出町柳」駅から約1Km
・地下鉄「今出川」駅から約1.2Km

【バス】
・市バス「府立医大病院前」バス停

【マイカー】
・名神高速道路「京都東IC」から約8Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました