スポンサーリンク

大多喜城

大多喜城 千葉
大多喜城

千葉県夷隅郡大多喜町にあった城。
徳川四天王のひとり本多忠勝の城として知られる。江戸時代の大多喜藩藩庁。小田喜城、大滝城とも呼ばれる。

  • 築城:大永元年(1521年)
  • 廃城:明治4年(1871年)
  • 築城主:真里谷信清
  • 構造:平山城・連郭式
  • 主な城主:真里谷氏、里見氏、本多氏、阿部氏、松平氏
  • 大永元年(1521年)、上総武田氏の一族・真里谷信清が「小田喜城」を築城したとされる。
  • 天文13年(1544年)、里見氏の支配を受ける。
  • 天正18年(1590年)、徳川家康の関東移封に伴い本多忠勝が大多喜に入り改築。

施設データ

地図
住所:千葉県夷隅郡大多喜町大多喜
大多喜城

周辺の史跡を探す
主な施設
土塁・横堀跡・堀切・郭・井戸・県立中央博物館大多喜城分館
利用時間
【県立中央博物館大多喜城分館】
 9:00~16:30
定休日
【県立中央博物館大多喜城分館】
 月曜日(休日の場合は開館、次の平日休館)・年末年始
料金
【県立中央博物館大多喜城分館】
 一般200円・高大学生100円
交通
・いすみ鉄道「大多喜」駅
・小湊バス「久保」バス停
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました