応仁の乱勃発地

応仁の乱勃発地碑 京都
応仁の乱勃発地碑

室町時代中期、「応仁の乱」が始まるきっかけとなる御霊合戦(ごりょうがっせん)が行われた場所。

  • 応仁元年(1467年)1月18日朝、上御霊神社境内において畠山政長畠山義就との間で行われた戦いで「上御霊神社の戦い」とも呼ばれる。
  • 畠山氏は細川氏や斯波氏とともに室町幕府を支える三管領家のひとつで、先代管領であった畠山持国が約束を違えて弟の持富ではなく、庶子の義就を後継に指名したことから家中が分裂、以降10年以上に渡り争いが続けられた。一旦は義就が家督を継いで落ち着くものの、その後持富の子である政長が家督を奪う。しかし義就はその後も政長に対する工作を行い、それに焦りを感じた政長と再び戦闘になった。
  • きっかけとなったのは畠山氏の家督を巡る争いであったが、これに山名宗全や朝倉孝景らが加わりそれに細川勝元が反発したことで政権が分裂、さらに将軍後継問題なども加わってこの先10年以上に及ぶ日本全土に波及する大乱へと拡大していった。
  • <応仁の乱のおもな戦い>
    御霊合戦・上京の戦い・東岩倉の戦い・相国寺の戦い・観音寺城の戦い・西岡の戦い・若江城の戦い
地図
住所:京都府京都市上京区上御霊前町
応仁の乱勃発地

≫ 周辺のスポットを見る
主な施設
上御霊神社・「応仁の乱勃発地」碑
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・地下鉄「鞍馬口」駅

コメント

タイトルとURLをコピーしました