スポンサーリンク

六角獄舎跡

山脇東洋観臓之地 その他遺跡
山脇東洋観臓之地

京都に置かれた江戸時代の獄舎(牢獄)跡。

  • 宝永5年(1708年)に起った大火ののち現在地に移転され明治の中頃まで利用された。
  • 宝暦4年(1754年)、医学者・山脇東洋(やまわきとうよう)が処刑された囚人の遺体を使って日本で初めての人体解剖を行った。そのときの記録は5年後に「蔵志」としてまとめられ、日本最初の解剖書となった。
  • 元治元年7月19日(1864年8月20日)、禁門の変」に端を発した大火が獄舎へと迫り、火の手が回って囚人たちが脱走することを恐れた幕史たちが収監していた囚人30名以上を殺害した。囚人の中には平野国臣(ひらのくにおみ)や水郡善之祐(にごりぜんのすけ)、古高俊太郎(ふるたかしゅんたろう)などがいた。

施設データ

地図
住所:京都府京都市中京区六角通神泉苑西入る
六角獄舎跡

周辺の史跡を探す
主な施設
日本近代医学発祥地碑・平野国臣外数十名終焉址碑・山脇東洋観臓之地碑
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・JR「二条」駅
・地下鉄「二条」「二条城前」駅
・阪急「大宮」駅
・京福「四条大宮」駅
・市バス「みぶ操車場前」「神泉苑前」「千本三条・朱雀立命館前」バス停

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました