スポンサーリンク

西郷頼母邸跡

西郷頼母邸址碑 幕末維新
西郷頼母邸址碑

江戸時代末期の会津藩家老・西郷頼母(さいごうたのも)の屋敷跡。

  • 西郷家は代々会津藩家老を務める家柄で頼母が家督を継いだ後、藩主の松平容保に家老として仕えた。特に容保の京都守護職就任の際には強硬に反対したと言われる。
  • 戊辰戦争が勃発すると西郷は白河城において新政府軍と激しい戦闘を繰り広げたが最終的には突破され新政府軍の東北への侵入を許した。
  • 慶応4年(1868年)8月、新政府軍がいよいよ会津若松城城下へと迫り会津藩士たちは城に集まり籠城策を取った。西郷を城へと送り出し屋敷に残された妻は、もしこの先新政府軍に捕まり恥辱を受けることになれば家名の恥として一族の幼い子や女子合わせて21名で自刃して果てた。

施設データ

地図
住所:福島県会津若松市追手町
西郷頼母邸跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「西若松」駅から約2Km

【バス】
・会津鉄道「西若松」駅
・会津バス「鶴ヶ城入口」「北出丸大通り」「合同庁舎前」バス停

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました