スポンサーリンク

坂本城址公園(明智光秀居城)

坂本城址公園城跡
坂本城址公園

滋賀県大津市にあった城。安土桃山時代、明智光秀が居城としていたことで知られる

歴史・概略

  • 築城:元亀2年(1571年)
  • 廃城:天正14年(1586年)
  • 築城主:明智光秀
  • 構造:梯郭式・平城
  • 主な城主:明智光秀・丹羽長秀・杉原家次・浅野長政
  • 元亀2年(1571年)、比叡山焼き討ちの実行部隊として武功をあげた明智光秀が、近江国の滋賀郡を拝領、延暦寺の麓の琵琶湖岸に坂本城を築城した。
  • 坂本城には築城当時より天守が備えられており、天守としては最古級のものとされている。公卿の吉田兼見やイエズス会宣教師のルイス・フロイスが、この天守について壮大なものであったと書き記している。
  • 天正2年(1574年)、足利義昭織田信長に挙兵した「槇島城の戦い」において、義昭とともに敗北した三淵藤英(みつぶち・ふじひで)が坂本城に預けられ自害。
  • 天正10年(1582年)、本能寺の変」「山崎の戦い」が勃発。光秀は山崎での敗北後、坂本城へと敗走する途中に落ち武者狩りによって命を落とした。

  • 明智藪

    光秀が落ち武者狩りに遭遇したという明智藪(京都府京都市)

  • 山崎での敗戦を知った光秀の家臣・明智秀満は、「本能寺の変」で手に入れた安土城から坂本城へと移り、光秀の家族と自身の家族を殺害、城に火を放って自害した。
  • 「本能寺の変」後は丹羽長秀が新たに坂本城主となり、城を再建。その後は杉原家次浅野長政と短い期間に城主が変わっていった。
  • 天正14年(1586年)、長政が大津城を築城、居城を移したため廃城となった。資材は大津城に流用されたという。
  • 現在、城の大部分は宅地化され、当時の様子をうかがい知ることはできない。

見どころ・おすすめ

  • 光秀像-公園北側には光秀の石像が立っている。
  • 石垣-石垣が湖底に沈んでおり、水位が下がったときに見られるという。
  • 西教寺-坂本城の北にある西教寺の総門は、坂本城から移築されたものと伝わる。
  • 坂本城の西側、二の丸跡にも「坂本城址」と書かれた石碑が立てられている。

施設データ

地図
住所:滋賀県大津市下阪本

周辺の史跡を探す
主な施設
石垣・明智光秀像
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・京阪電車「松ノ馬場」駅から約1.3Km
・JR「比叡山坂本」駅から約1.6Km

【バス】
・江若交通バス「石川町」「下阪本」バス停

【マイカー】
・湖西道路「下坂本IC」から約1.5Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました