スポンサーリンク

実蒔原古戦場跡(長享の乱)

実蒔原古戦場跡古戦場
実蒔原古戦場跡

長享の乱」の戦闘のひとつ「実蒔原の戦い」が行われた場所。

歴史・概略

  • 実蒔原(さねまきばら)の戦い」は、山内上杉家(やまうちうえすぎけ)上杉顕定(あきさだ)と、扇谷上杉家(おうぎがやつうえすぎけ)上杉定正の間で行われた戦い。この関東を本拠とする上杉氏同士の間で行われた戦いはおよそ20年にも及び、総称して「長享の乱(ちょうきょうのらん)」と呼ぶ。
  • 乱の発生前、「享徳の乱(きょうとくのらん)」により勢力を増した扇谷上杉家の実力者であった太田道灌(おおた・どうかん)が謀殺された。このことで扇谷上杉家と山内上杉家の関係が不安定化、戦闘へと発展した。
  • 長享元年(1487年)、山内上杉家の顕定は武蔵国鉢形城を出兵、扇谷上杉家の相模支配の本拠地である相模国糟屋館(かすやのやかた)を目指した。これに対し扇谷上杉家の定正は、武蔵国河越城から駆け付け糟屋館近くの実蒔原で激突した。顕定軍1000騎に対し、定正軍は200騎で奇襲し顕定軍を打ち破った。

施設データ

地図
住所:神奈川県厚木市七沢

周辺の史跡を探す
主な施設
実蒔原古戦場碑・案内板
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【バス】
・神奈川中央交通「はつみ坂」「薬師入口」バス停

【マイカー】
・新東名高速道路「伊勢原大山IC」から約3Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました