スポンサーリンク

三条烏丸御所跡

三条烏丸御所跡 京跡・宮跡
三条烏丸御所跡

平安時代後期に建てられた藤原氏の邸宅跡、および御所跡。三条桟敷殿、三条南殿とも呼ばれた。

歴史・概略

  • この場所は御所のあった北側にあたり、この石碑から南方向に約120メートル四方の敷地を持っていた。周辺からは建物の柱跡や、庭の遺構、瓦や器などが発掘されている。
  • 元々は堀河天皇鳥羽天皇の乳母で、鳥羽天皇の中宮・藤原璋子(待賢門院)の母でもあった藤原光子(ふじわらみつこ)の邸宅として建てられた。その後、子の藤原実能(ふじわらさねよし)に受け継がれ、実能鳥羽法皇に献上し御所となった。

見どころ・おすすめ

  • 石碑のみではあるが、周辺には平安時代ごろの御所跡が点在しているのでまとめて回るといい。

施設データ

地図
住所:京都府京都市中京区三条通烏丸西入る

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「烏丸御池」駅から約0.1Km
・阪急電車「烏丸」駅から約0.6Km

【バス】
・市バス「烏丸三条」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約7Km
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました