スポンサーリンク

薩摩島津伏見屋敷跡

薩摩島津伏見屋敷跡碑 事件
薩摩島津伏見屋敷跡碑

江戸時代、薩摩藩が京都伏見に置いた藩邸跡。

  • 碑文「江戸時代 薩摩島津伏見屋敷跡」「坂本龍馬 寺田屋脱出後 避難之地」「天璋院篤姫 洛中洛外滞在時の宿泊地」
  • 伏見は京と大阪、果ては海とを結ぶ物流の中継地点として大いに賑わっており、周辺には船宿が立ち並ぶなどしていた。諸藩は伏見を重要視し薩摩藩以外にも数多くの藩が藩邸を置いている。
  • 嘉永6年(1853年)、薩摩藩主島津斉彬の養女・篤姫(後の天璋院)が第13代将軍・徳川家定への輿入れのため鹿児島から江戸へと向かう途中1週間ほど立ち寄っている。
  • 慶応2年1月23日(1866年3月9日)、伏見の船宿寺田屋にいた坂本龍馬を伏見奉行所が襲撃したいわゆる寺田屋事件の際、龍馬を藩邸に匿い治療を受けさせている。

施設データ

地図
住所:京都府京都市伏見区東堺町
薩摩島津伏見屋敷跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・京阪「丹波橋」駅
・近鉄「近鉄丹波橋」駅
・JR「桃山」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました