スポンサーリンク

薩摩藩邸跡

薩摩藩邸跡 その他遺跡
薩摩藩邸跡

江戸時代後期に御所の北側に設けた薩摩藩邸跡。

  • 文久2年(1862年)、それまで薩摩藩が使用していた錦小路藩邸が手狭であったことから、相国寺より土地を借り受け広大な敷地を持つ新たな藩邸(二本松藩邸)を置いた。その後「禁門の変」により起こった火災で錦小路藩邸は焼失、政治の拠点は二本松藩邸へと移っていった。
  • 明治維新後、同志社大学の前身である同志社英学校を設立した新島襄が藩邸跡を譲り受け学校を移転し、今に至っている。

施設データ

地図
住所:京都府京都市上京区烏丸通今出川上る
薩摩藩邸跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・地下鉄「今出川」駅
・市バス「丸今出川」バス停

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました