スポンサーリンク

白河院跡(法勝寺跡)

京都

藤原氏の別荘、白河上皇が建立した法勝寺跡。

  • 白河院は平安時代初期の公家で藤原氏全盛の礎となった藤原良房がこの場所に別業(別荘)を営んだことに始まり白河殿や白河第などと呼ばれた。その後摂関家嫡流に受け継がれ師実の代になって時の天皇・白河天皇に献上された。
  • 承保2年(1075年)、白河天皇により法勝寺を造営。
  • 承暦元年(1077年)、金堂の落慶供養が執り行われる。
  • 永保3年(1083年)、八角九重塔と愛染堂が完成。八角九重塔跡地の京都市動物園内には九重塔跡碑が立っている。
  • その後法勝寺は天皇家から厚い保護を受けこの周辺には勝の字が含まれた尊勝寺・最勝寺・円勝寺・成勝寺延勝寺など天皇家ゆかりの寺が次々と建てられ総称して六勝寺と呼ばれた。
  • しかしその後の度重なる火災や戦乱などにより室町時代後期には廃絶した。

施設データ

地図
住所:京都府京都市左京区岡崎法勝寺町
白河院跡(法勝寺跡)

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑・案内板
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・地下鉄「蹴上」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました