スポンサーリンク

しとどの窟(真鶴)

しとどの窟 古戦場
しとどの窟

治承4年(1180年)の「石橋山の戦い」において敗走した源頼朝が、平家の追撃から身を隠すために潜んだといわれる洞窟。

  • この洞窟で追っ手をかわした頼朝は真鶴の海岸より舟で安房の国へと脱出したと伝えられる。「シトト」とはホオジロの一種で、頼朝がここに潜んでいた際、追っ手が洞窟を覗いたときに飛び出してきたという。それを見た追っ手は人がいないものと判断して立ち去ったことからこの名がついた。
  • 湯河原にも「しとどの窟」と呼ばれる洞窟があり、同じような伝承がある。
  • 「石橋山の戦い」前後のおもな出来事
    <治承4年>
    4月 9日 以仁王が平家討伐の令旨を下す
    5月26日 宇治平等院の戦い
    8月17日 山木館襲撃
    8月23日 石橋山の戦い
    8月25日 波志田山合戦
    8月26日 衣笠城合戦
    10月20日 富士川の戦い

施設データ

地図
住所:神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴
しとどの窟(真鶴)

周辺の史跡を探す
主な施設
洞窟
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「真鶴」駅

【マイカー】
・国道135号から約1.5Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました