スポンサーリンク

将軍山城跡

瓜生山頂 京都
瓜生山頂

京都府京都市にあった城。
北白川城、瓜生山城、勝軍地蔵山城とも呼ばれる。

歴史・概略

  • 築城:永正17年(1520年)
  • 廃城:不明
  • 築城主:細川高国
  • 構造:山城
  • 主な城主:細川高国、足利義晴、明智光秀
  • 永正17年(1520年)、室町幕府管領・細川高国が瓜生山に陣を構える。その際山頂に将軍地蔵を安置したことで将軍山城と呼ばれるようになった。現在将軍地蔵は麓に移転されているが、石室が残されている。
  • 天文15年(1546年)、室町幕府管領・細川晴元と対立した第12代将軍・足利義晴が将軍山城を改修し拠点とする。
  • 天文16年(1547年)、細川晴元との争いにおいて足利義晴・義輝が将軍山城を焼き坂本へ逃走。
  • 永禄4年(1561年)、三好軍が将軍山城跡の六角義賢と交戦。
  • 元亀元年(1570年)、「志賀の陣」において明智光秀が延暦寺に対する拠点とする。

見どころ・おすすめ

  • 将軍地蔵の石室-細川高国が将軍地蔵を安置したとされる石室。
  • この城の少し東にある白鳥山頂に出丸跡がある。ここまで登ってきたらついでなので寄るといい。

施設データ

地図
住所:京都市左京区北白川清沢口町
将軍山城跡

周辺の史跡を探す
主な施設
曲輪・空堀・土塁等
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・叡山電鉄「一乗寺」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました