スポンサーリンク

染殿井(染殿第跡)

染殿井 京都
染殿井

平安時代前期の公卿・藤原良房の屋敷があった場所。

歴史・概略

  • 藤原良房は平安時代前期の公卿で娘を文徳天皇に入内させ、その後生まれた幼い清和天皇を皇位につけ外戚として権力を振るった人物。さらに貞観8年(866年)に起った「応天門の変」では政敵の大伴氏を排除し藤原氏として初めて摂政に就くなど、後に続く藤原氏隆盛の基礎を築いた。この場所には良房の屋敷である染殿第(そめどのだい)があったと言われる。
  • 染殿第は良房の娘であり清和天皇の生母でもある明子の御所として使われ、清和天皇が陽成天皇に譲位した後の御所としている。
  • 染殿井は京都御苑三名水のひとつと言われていたが、現在は枯れてしまい遺構となっている。

見どころ・おすすめ

  • かつて存在していた宮家や公家屋敷の多くは一部を残してほとんどが撤去されており、今は一年中草花が楽しめる公園として整備されている。
  • 京都御苑内は平安時代から幕末に至る屋敷跡が点在し、いたるところに説明書きの駒札が立てられているのでそれを巡るだけでもかなり楽しめる。

施設データ

地図
住所:京都府京都市上京区京都御苑
染殿井(染殿第跡)

周辺の史跡を探す
主な施設
染殿井・案内板
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「今出川」「丸太町」駅
・京阪電車「出町柳」「神宮丸太町」駅

【バス】
・市バス「同志社前」「烏丸一条」「府立医大病院前」「烏丸今出川」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約9Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました