スポンサーリンク

平安京大内裏朱雀門址

平安京大内裏朱雀門址碑 京跡・宮跡
平安京大内裏朱雀門址碑

平安京大内裏、宮城十二門のうちのひとつ朱雀門があった場所。

  • 延暦13年(794年)、桓武天皇によって長岡京より遷都され、以来1000年に渡って日本の首都となった。この付近には都の中心である大内裏があり、その領域は東西1.2キロ、南北1.4キロに及んだ。ここは大内裏の南面中央にあたる場所で、大内裏の正門とも言える朱雀門が建っており、ここを起点に都のメインストリートである朱雀大路が南に向かって伸びていた。
  • 大内裏の建物は出火によって度々焼失し、その都度再建されてきたが、朝廷の衰えとともに次第に荒廃していった。周辺には大内裏の痕跡を示す碑が点在している。

施設データ

地図
住所:京都府京都市中京区西ノ京小堀町
平安京大内裏朱雀門址

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・JR「二条」駅
・地下鉄「二条」駅
・市バス「二条駅前」「千本旧二条」バス停

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました