スポンサーリンク

勝龍寺城本丸跡

勝龍寺城 本丸跡碑 京都
勝龍寺城 本丸跡碑

江戸時代初期、山城長岡藩の陣屋がおかれた場所。

  • 勝龍寺城の始まりについて確かなことは不明であるが、山城守護の畠山義就が勝龍寺に陣を敷き次第に勝龍寺城に発展していったとされる。その後三好三人衆と織田との戦いが行われ、山崎の合戦の際には明智光秀が使用するなどしている。織田支配下では山城の重要拠点のひとつとされたが豊臣政権下では重要視されず廃城状態となっていたようである。
  • 寛永10年(1633年)、旗本の永井直清が2万石(一説には1万2000石)の知行を得て山城国長岡に入った。
    入部当初、勝竜寺城の修築を試みたようであるがあまりの水はけの悪さから修築を断念、勝竜寺城北側(今の長岡京駅周辺)の一帯に新たに陣屋を設けた。中心に本丸、それを囲むように武家屋敷、さらにその外側に足軽屋敷が置かれ、その範囲は小畑川から西国街道にまで及んでいた。
  • 慶安2年(1649年)、永井直清が3万6000石に加増、高槻藩に転封となり山城長岡藩は廃藩となった。

施設データ

地図
住所:京都府長岡京市東神足
勝龍寺城本丸跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「長岡京」駅から約0Km
・阪急電車「長岡天神」駅から約1.5Km

【バス】
・京都市バス「JR長岡京東口」バス停
・阪急バス「JR長岡京」バス停

【マイカー】
・名神高速「大山崎JCT」から約2.5Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました