スポンサーリンク

平安宮内裏昭陽舎跡

平安宮内裏昭陽舎跡 京跡・宮跡
平安宮内裏昭陽舎跡

平安宮内に建てられた殿舎のひとつ昭陽舎があった場所。

歴史・概略

  • 延暦13年(794年)、桓武天皇(かんむてんのう)によって長岡京より平安京(へいあんきょう)に遷都。以来、東京に遷されるまで1000年以上の間日本の首都となった。
    この付近には都の中心である大内裏があり、天皇の居住区である内裏を始め、数多くの行政機関が立ち並んでいた。その領域は東西1.2キロ、南北1.4キロにも及んだという。
  • 昭陽舎(しょうようしゃ)は天皇や后妃、皇族たちが住む内裏の奥部分に建てられた建物のひとつで、昭陽舎を含めたそれらの建物を総称し七殿五舎と呼ぶ。
    <七殿五舎>
    弘徽殿承香殿・麗景殿・登華殿・貞観殿・宣耀殿・常寧殿
    飛香舎凝花舎昭陽舎・淑景舎・襲芳舎
  • 大内裏の建物は出火によって度々焼失し、その都度再建されてきたが、朝廷の衰えとともに次第に荒廃していった。

見どころ・おすすめ

  • 周辺には大内裏の痕跡そのものは残っていないが、それぞれの場所に石碑が立てられているので回ってみるといい。

施設データ

地図
住所:京都府京都市上京区上京区浄福寺通出水下る東入

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「二条」駅から約1.2Km
・JR「二条」駅から約1.4Km

【バス】
・市バス「丸太町智恵光院」「千本丸太町」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約8Km
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました