スポンサーリンク

象山先生遭難碑

象山先生遭難碑 事件
象山先生遭難碑

幕末の兵学者・佐久間象山が京都木屋町で刺客に襲われ命を落とした場所。

歴史・概略

  • 象山(ほかに修理<しゅり>・国忠<くにただ>・啓<ひらき>・子迪<してき>・子明<しめい>など)は信濃松代藩士で兵学・洋学を学び、大砲の鋳造や日本初の電信を行うなどした人物。そして幕府の要請で京都に入った象山は一橋慶喜に公武合体と開国の必要性を説いた。
  • しかし、こうした考えは尊王攘夷派から「西洋かぶれ」と見られ命を狙われることとなり、元治元年7月11日(1864年8月12日)、馬に乗り山階宮家より帰る途中、尊王攘夷派の前田伊右衛門、河上彦斎らによって暗殺された。

見どころ・おすすめ

  • 京都木屋町周辺は幕末の志士たちの多くが住み、事件の現場ともなった場所でたくさんの石碑が立てられている。
  • 少し南に佐久間象山寓居址を示す石碑がある。

施設データ

地図
住所:京都府京都市中京区木屋町通御池上る
象山先生遭難碑

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「京都市役所前」駅から約0.1Km
・京阪電車「三条」駅から約0.3Km

【バス】
・市バス「京都市役所前」「河原町御池」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都東IC」から約7Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました