スポンサーリンク

高岡古城公園

前田利長像城跡
前田利長像

富山県高岡市にあった城。
江戸時代初期加賀藩藩主・前田利長の隠居城として知られる。

歴史・概略

  • 築城:慶長14年(1609年)
  • 廃城:元和元年(1615年)
  • 築城主:前田利長
  • 構造:平城・梯郭式
  • 主な城主:前田利長
  • 日本100名城
  • 慶長14年(1609年)、加賀藩主・前田利長の隠居城であった富山城が焼失したため、代わりとなる新たな城を築城した。利長は魚津城に移って築城を指揮を執り、地名を「関野」から「高岡」に改めた。
    縄張りは当時前田家の客将であった高山右近であったとされる。
  • 慶長19年(1614年)、前田利長が城内において病没。利長は高岡に葬られ、菩提を弔うため瑞龍寺が建立された。
  • 元和元年(1615年)、一国一城令により廃城。寛永15年(1638)とする説もある。

施設データ

地図
住所:富山県高岡市古城

周辺の史跡を探す
主な施設
堀・石垣・射水神社・高岡市立博物館・古城公園動物園・自然資料館
利用時間
【高岡市立博物館】
 9:00~17:00

【古城公園動物園・自然資料館】
 9:00~16:30
定休日
【高岡市立博物館・古城公園動物園・自然資料館】
 月曜日(祝日の場合、翌平日)・年末年始
料金
無料
交通
【電車】
・JR「越中中川」駅から約0.5Km
・あいの風とやま鉄道「高岡」駅から約0.8Km
・万葉線「急患医療センター前」駅から約0.3Km

【バス】
・加越能バス「広小路」「急患医療センター前」バス停

【マイカー】
・能越自動車道「高岡IC」から約5Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました