スポンサーリンク

手越河原古戦場跡

手越河原古戦場跡碑 古戦場
手越河原古戦場跡碑

建武政権を離脱した足利軍と後醍醐天皇の命を受けた新田軍の合戦の地。「延元の乱」で行われた合戦のひとつ。

  • 建武2年(1335年)、後醍醐天皇は武家政権の動きを見せる足利尊氏に対し追討を決意、新田義貞率いる天皇軍と、足利直義率いる足利軍が三河国矢作川にて激突した。この戦闘で足利軍は敗北し退却、遠江国手越河原で再び激突することとなった。
  • 戦闘は正午から午後8時頃まで17回に渡ったとされ足利軍の敗北に終わった。
  • 「延元の乱」のおもな出来事
    建武2年11月 矢作川の戦い/12月 鷺坂の戦い/12月 手越河原の戦い/12月 箱根・竹ノ下の戦い/建武3年2月 豊島河原の戦い/3月 多々良浜の戦い/5月 湊川の戦い

施設データ

地図
住所:静岡県静岡市駿河区みずほ
手越河原古戦場跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
常時
料金
無料
交通
・JR「安倍川」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました