スポンサーリンク

伏見土佐藩邸跡

伏見土佐藩邸跡碑 京都
伏見土佐藩邸跡碑

江戸時代、土佐藩が京都伏見に置いた藩邸跡。

  • 伏見の町は伏見城築城による城下町の形成以降、京都の中心部と大阪とを結ぶ物流の要衝として栄え、土佐藩だけでなく多くの藩がここに藩邸を置いて拠点とした。
  • 慶応4年1月3日 ~ 6日(1868年1月27日 ~ 30日)、鳥羽伏見の戦い」が薩長勢力と旧幕府勢力との間で起こる。
    土佐藩は藩主・山内容堂の意向もあり旧幕府軍との武力対立には決して積極的ではなかったが、土佐藩の乾退助(板垣退助)の独断によって土佐藩兵を薩長に合流させ、旧幕府軍を撤退に追い込んだ。

施設データ

地図
住所:京都府京都市伏見区南浜町
伏見土佐藩邸跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました